当院の入れ歯の種類

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャーとは、残っている歯に金属の内冠をかぶせ、その上から内冠に適合する外冠を装着するタイプの入れ歯です。「茶筒」のようなはめ込み式の機能を用いているため、バネを使わず、見た目もきれいです。

 

ちなみに、コーヌスとは「円錐形」という意味です。コーヌスクローネデンチャーなら、まるで自分の歯のように違和感がない上に、硬いものも平気で噛むことができるため、最高の噛み心地の入れ歯と言われています。

コーヌスクローネデンチャーの特徴
  • クラスプ(金属のバネ)を使わないので、見た目が綺麗
  • 自分の歯と同じように噛むことができる
  • 残っている歯への負担が少ない

ミリングデンチャー

ミリングデンチャーは、入れ歯本体だけではなく、入れ歯を固定する差し歯の部分から設計しますので、お口の中をトータルに考えた入れ歯になります。そのため、残りの歯に負担をかけることなく、しっかりと安定するので、食べ物をよく噛むことができます。
また、入れ歯の維持装置にバネを使用しないので、見た目も綺麗です。

ミリングデンチャーの特徴
  • クラスプ(金属のバネ)が見えないので、見た目が綺麗
  • 残っている歯への負担が少ない
  • 装着後の唇に違和感がない

磁性アタッチメントデンチャー

磁性アタッチメントデンチャーは、歯根に支えとなる金属を入れ、入れ歯側に小さい磁石をセットした入れ歯です。強力な磁力により、グラグラしない、密着した入れ歯が作れます。
磁石でくっつく入れ歯なので、装着や取り外しがしやすく、お手入れが簡単です。また、金属のバネなどを使わないので、見た目も綺麗です。

磁性アタッチメントデンチャーの特徴
  • クラスプ(金属のバネ)のかわりに磁力を利用しているので、見た目が綺麗
  • 長期間使用しても壊れにくく、維持力が失われない
  • 維持力のコントロールが確実かつ簡単にできる
  • どの方向からも入れ歯を出し入れできる

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、クラスプ(金属のバネ)を使わず歯ぐきにフィットする、自然な部分入れ歯です。今までの部分入れ歯には必ず金属のバネがついていたので、口元を気にする方がたくさんいましたが、この入れ歯はその心配がありません。
また、食べものも挟まりにくく、残っている歯への負担も少ないのが特徴です。
金属が使われていないため、金属アレルギーの方にも安心です。

ノンクラスプデンチャーの特徴
  • 入れ歯を使用していることが、他人からわかりにくい
  • クラスプ(金属のバネ)を使っていないため、見た目が綺麗で、残っている歯の負担が少ない
  • 食べものが挟まりにくいため、虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーの方でも装着可能

ご予約・ご相談はお気軽に

入れ歯のことでお悩みでしたら、大阪市中央区にある大阪アンチエイジング入れ歯センターまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6121-7896.png
  • メールでのお問い合わせ
staff staff blog